PR01.
BOOKS!
参考書




テクスチャ素材集








↓テクスチャ用写真も販売

写真素材のピクスタ

Fotolia
PR02.
MOBILE
qrcode
PROFILE
SPONSORED LINKS
SEARCH

LATEST ENTRIES
CATEGORIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
OTHERS
スポンサーサイト
- / スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | - |
pagetop
「Adobe After Effects」から綺麗にGIFアニメを出力する方法。
他のソフト / あじゃ
「Adobe After Effects」から綺麗にGIFアニメを出力する方法。

 

GIFアニメで使えるのは256色まで。

写真だったり、グラデーションしていたりする画像はAEから普通にGIFアニメに出力すると、あまり綺麗に出力されません。

そういう時は「カラーパレット」を使用すると綺麗に出力できます。

 

まず、カラーパレットを作ります。

AEのプレビュー画面をプリントスクリーンなどでとり、Photoshopへ。

必要な部分のみ残した画像を「ファイル」→「Webおよびデバイス用に保存」→保存形式で「GIF」を選択→カラーの数を選択(デフォルトでは256)→カラーテーブルの右横の三角をクリック→「カラーテーブルを保存」

カラーパレット

これでカラーパレットを作ることができました。

 

AEに戻ります。

レンダーキューの「出力モジュール設定」で「アニメーションGIF」を選択→「形式オプション」→カラーパレットの「その他」から、先程作ったカラーパレットを選択→「OK」→「レンダリング」


 

左がカラーパレットを使った画像で、右が使っていない画像です。

  

 

※カラーパレットを作るときに自分で選んだ色を減らしたりもできるので、そのあたりはPhotoshopのヘルプを見てください。


※カラーパレットの色数を少なめにすることで、GIFアニメを軽くすることもできます。


※ドット絵など、使用色がWebセーフカラーのみなら「出力モジュール設定」の「形式オプション」で「Webセーフ」を選べばカラーパレットを作る必要はありません。



JUGEMテーマ:CG
 
| comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
pagetop
| 1/1 |

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--